NEWS

冷凍保存のススメ

こんにちは

Kissa Coffee店主の吉井です。

今回はコーヒーの保管について、お話します。

久しぶりにコーヒーを淹れたのだけど、なんか美味しくないな、酸っぱいなという経験はありませんか?

これはコーヒーの酸化による品質劣化が原因です。

コーヒーは焙煎(加熱)するとメイラード反応という化学変化が起き、あの香味やコクの元となるアミノ酸、褐色物質やポリフェノールが生まれます。体にやさしい成分です。

しかし焙煎によって同時に酸化という現象も始まってしまいます。この酸化によってネガティブな酸味や雑味がコーヒーに加わってしまい、体によいとされる成分も減ってしまいます。

なので、なるべく早く飲むのがよいのですが、なかなかそうもいきませんよね。

そこで役に立つのが「冷凍」です。

豆の状態で冷凍することによって、酸化を防ぐことができ、長く新鮮な状態でコーヒーを楽しんでいただくことができます。

また、凍った豆は常温の豆より固くなるため、ミル等で粉砕するときに均一になりやすいとの報告もあります。

粉も均一な方が美味しいと言われていますので、たとえ保存の必要がなくても均一に粉砕するためでも冷凍はオススメです。

でも、実際比較してみると常温の豆のほうがふくよかな感じもするので、好みといえば、好みかもしれません^^;

どちらにしても、長期保存が必要なときはぜひ豆の状態で冷凍してみてください。新鮮に美味しくいただけますよ!

それではまた〜(^o^)